So-net無料ブログ作成
・テレビを見てはダメ? ブログトップ

テレビなし!シュタイナー一筋で行けますか? [・テレビを見てはダメ?]

2 photo by Vive La Palestina.jpgphoto by Vive La Palestina

1)テレビを見てはいけない理由って?

「テレビといっても、子ども用の番組しか見せてないわ!」
「決まった知育DVDしか見てないから大丈夫よね?」

ママたちは工夫されている方ばかりで頭が下がります。

でも、シュタイナーでは、

「子供がテレビで何を見るか、ではなく、テレビをみること自体が子供にとって害である」と言います。

詳しい理由などについては、

[soon]■[シュタイナー・モンテ]Q&A>・シュタイナーってなに?>③やってはいけないことへどうぞ。

ちなみに、シュタイナーだけでなく、日本でも2004年に日本小児科学会、日本小児科医会が、アメリカでも2005年に、同じような提言をしています。こちらでは注意欠陥障害、認知能力の低下などが示されています。

では、テレビをやめましょう。

なんて、すぐにできたら苦労はありません。
いったいどうしたらよいのでしょう。



2)テレビの存在感を薄くする

いつもにぎやかだったテレビが急に消されてしまったら・・・まず、さみしいです。
黒い大きなモノは、子どもには不気味でさえあります。

そこで、

テレビを寝室などに移動してみましょう。

部屋が広く明るくなりましたね!!

大人の都合で見たい番組は録画して、ママだったら子どもが寝てから、パパだったら別室で見る、ということができます。

場所の移動までは・・・やっぱりリビングにテレビがないと困るわ!という場合、

テレビに大きな布をかける

という手があります。

すると、急に存在感が薄くなり・・・
ちょっとのことだけど、ずいぶん変わります。

布の色は、やわらかいピンクや緑の、落ち着いた色がお勧めです。
シュタイナーと色の関係については、また書きますね!!



3)テレビを中心に「しない」生活

テレビを付けっぱなしで生活している場合、見ていないようでも気になる場面が出るとテレビの前に移動したり、しばらく手を止めたりして・・・

あれ?もうこんな時間?!
買い物いかなくちゃ!
今日は公園は無理だなー・・・

たいして家事も進んでないのに、あっというまに時間がすぎてしまうのは本当に不思議なところです。

まずは、つけっぱなしはやめて、かわりに音楽でもかけてみましょう!

鼻歌を歌いながら、ママが動ける範囲がぐーっと広がりますよ!



4)子どもが見るテレビを制限する

本当は、テレビを見る場合は親子で一緒に見ましょう。テレビが「一方的な発信機」であり「受信のみ」しかできないのは良くないので、見るならば、親子で語り合いながら見ましょう。

という指導を、シュタイナーでなくとも保健センターの指導員にも言われたような記憶があります。

でも、実際のところ自分の時間が必要だからテレビを見せているんですよ(泣)!!!


小さい兄弟がいればなおさら、上の子にテレビを見せて機嫌を治さないとママがもたない・・・

兄弟ケンカばかりだけど、好きなDVD見せておけば二人とも仲良しだし。

そこで、

ゼロにはできなくても、せめて1時間までに!

テレビを見るという行為自体が、体を不自然に固くする、といいます。
ですので、どうしても1時間でももたない・・・という場合は、

時間帯を分けて、2時間までに!



5)子どもが見られる時間帯を決める

今は(ママの都合で)見ちゃダメ!
今は(ママの都合)でテレビ見てて!

こういう付け方をしていると、子どもはママの都合をなんとか変えようと必死になり、知恵がついてくるほど、よけい面倒なことになります(汗)。

はじめから、

テレビは公園から帰ったあとの30分ね
短い針が5の所に来たらテレビの時間ね。


そんな風に決めてしまうのが親も子どもも、リズムがつくので良いでしょう。
ビデオやDVDなどで、その時間に終わりがくるものがお勧めです。

最初はいやだいやだ~!!!と泣かれるかもしれません。

でも、テレビを排除するときは、毅然としなければならないともあります。
新しい家にはテレビがない、あるいは、この時間帯はテレビはみられない、など、例外をつくらず、毅然とです。

大事なのは、例外を作らないこと。

これはテレビに限りませんが、いつも同じリズムで暮らしていれば、子どもも余計な労力を使って親を泣き落とししなくて済む(笑)というものです。



6)CMをみせない

テレビを見ていると、NHK以外はCMがはいります。
たった15秒で伝えたいことを凝縮してメッセージを作っているCMは、子どもの心にもっとも刺さる番組です

そして、「●●欲しい!!」と思わせる、大人の経済活動世界へのダイレクトな誘惑が凝縮されてる時間でもあります。

せっかくサンタさんが選んだシンプルなプレゼントが・・・
親が良いと思ったおもちゃよりも、●●のアクセサリーが!△△変身ベルトが!
××くんちゃんががもっていたのはあの商品だった!


それがすばらしいおもちゃならまだ良いですが、数回使うと使い捨てしてしまうような、いや、使い捨てではないけれど、それ以外に使い道がなく、遊びが発展しないおもちゃばかりで、結局、長く使わないうちに飽きる。

→そして次のCMの商品の方が素晴らしく見えてくる →新しいおもちゃが欲しい!!! →(繰り返し)

と、おもちゃ会社の無限ループに入ってしまうわけです。
つまり、買ってもらえた瞬間を除いて、子どもさえも満足していない状態でもあります。

(あくまでも、さくらの子どもたちを見ていて思う実感です)

そこで、

①CMが入るような番組は極力見せない。

②どうしても入る場合は、録画にして最後の部分だけでも少しカットする

②は、次の番組へも延々と続いてテレビを消せなくなるため、見すぎるのを防ぐ効果もあります。


■[シュタイナー・モンテ]Q&A
  [soon]・シュタイナーってなに?
  [soon]・モンテッソリってなに?
  [soon]・テレビを見てはダメ?
  [soon][シュタ・モンテ]幼稚園が近くにないけれど
  ・その子の得意を伸ばすには?
  ・〇才でもまだ間にあう?
  ・入学前に字を教えてはダメ?
  ・テレビを見せるとダメ?
  ・時間がないからできない?
  ・気質ってなに?
  ・モンテッソリの教材は必要?




育児 ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児
・テレビを見てはダメ? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。